交通事故の被害者、加害者サイドの対処法、生活費含む賠償金の支払い額の交渉

交通事故は起きないに越したことはないですよね。

しかし、車や自転車を利用する機会を減らすのは難しく、誰しもが交通事故に遭遇する可能性があるのです。

実際に交通事故の被害者または加害者になったらどのように対処するのが正しいか、ご存じでしょうか。今回は、交通事故が起きてしまったときの流れと、被害者・加害者サイドそれぞれの絶対にしてはいけない行動、するべきまたはした方がいい行動を紹介していきます。

学生が交通事故で被害者に


交通事故から和解までの流れ

#救急車を呼ぶまず、交通事故で被害者が負傷した場合、すぐに119番に連絡し、救急車を呼びます。様態が悪化しないようにできる限り、応急処置を施します。すぐに通りの少ない安全な場所へ避難させましょう。交通量が特に多い場所では、車の移動が困難であれば、ハザードランプの点灯や発煙筒の使用を早めに行うことが二次災害を防ぐカギになります。

#警察へ連絡する警察官に届け出をして、現場に来てもらいます。事故が起きた経緯、現場証拠、事故が起きた状況を取り調べします。被害者、加害者の取り調べが終わると、人身事故かどうか警察が判断します。#保険会社へ報告

任意保険に加入しているなら、連絡することで、事故の対応をしてくれるサービスを備えた会社もあります。事故が起きた後の示談を仲介するので、スムーズに解決ができます。当事者同士での示談や交渉は厳禁です。

被害者側が絶対にしてはいけないこと

#警察を呼ばないで、当事者同士で示談をする加害者が警察を呼ばずに自己を処理しようと提案してくることがありますが、絶対に応じてはいけません。示談に応じるということは、その内容はすべて合意したものであると判断されてしまい、一度決めてしまうと覆すのが難しくなってしまいます。

また、損害賠償をもらえたとしても、過度な請求をされたと相手側が訴えてくることもあり、事故処理が長引いてしまうことも多数あります。警察を現場に呼んでいない場合、最悪人身事故と判断されず、事態が混乱していく一方になるので、絶対に警察を呼び、取り調べをしてもらいましょう。

#事故を起こした相手を怒らせるたとえ自分側に非がないとしても、相手側を過度に怒らせるのは避けましょう。けんかになり、暴力をふるったら、今度は傷害罪として自分が訴えられてしまう可能性があります。加害者がパニックになっているときも、落ち着いて話しかけるよう努めましょう。

#事故現場から離れる、立ち去る加害者だけでなく、被害者も立ち去ってはいけません。よくあるのが、被害がない、負傷の程度が軽いからとその場から立ち去ってしまうパターンです。加害者に応じるのが怖い気持ちはよくわかりますが、相手も警察へ事故の届け出を出さなければいけないため、現場に被害者がいなければ加害者は対応しにくくなってしまいます。

さらに、事故による後遺症があった場合、相手へ再び交渉するとなると、時間が経っているため、複雑な手続きを踏まなければならず、うまくいかない場合が多いです。

生活費程度であったとしても、示談となり保険会社が介入しにくくなってしまいます。

加害者側が絶対にしてはいけないこと

#過剰に謝る、その後の示談を許す

事故を起こしてしまったら、相手に対する誠意をもって謝罪をするのが一番です。しかし、被害者の中には相手が事故を起こしたからと、次々賠償金やお見舞いを毎度持ってくるようになど、示談を持ち掛けてくる被害者も残念ながらいます。

相手に隙を与えないように、謝るときはしっかりと、卑屈な態度をとらないように堂々としていることが大事です。また、後遺症が起きたため、示談を持ち掛けられた場合、保険会社としっかり連絡を取り、勝手に賠償金を払わないようにしましょう。

あまりにしつこい場合、弁護士に相談するのも一つの手段です。#事故現場から逃げてしまうこと一番やってはいけないことです。被害者への負傷がなく、車同士の軽い接触のみであったとしても、警察に届け出を出さないことは運転手としての義務違反となります。

被害者へ負傷があったのにもかかわらず、その場に放置した場合、さらに厳重な処罰が下されます。事故現場は警察が来て事情聴取が終わるまでは絶対に離れてはいけません。

交通事故を起こしたときにするべき行動

被害者も加害者も、早く交通事故から解放されたいという思いは同じです。では、どのような対策をすれば二次被害や問題を起こさずに和解できるのでしょうか。

ここからは、交通事故が起きてしまった際に、なるべく被害を抑える、交渉をスムーズにする方法を紹介します。

被害者側の対策

#(車の場合)ドライブレコーダーを搭載する、相手の身分やカーナンバーを記録しておくレコーダーなど、動画は確実な証拠になります。事故が起きるまでの状況がすぐに把握できます。レコーダーがなくても、相手の連絡先や氏名、住所、相手側のカーナンバーを記録しておくことが重要です。

基本当事者同士での示談は行われませんが、万が一逃げられたときに備える必要があるからです。#冷静に相手と話す相手側は事故を起こしてしまって、パニックに陥ってしまうこともあります。負傷が軽いのであれば、必要事項を聞き出すなどしておくとよいでしょう。

また、過度な交渉は厳禁です。警察への連絡、負傷の程度の確認、保険会社の連絡など済ませたのであれば、安全な場所へ行き、警察が来るまで待機します。

加害者側の対策

#任意の自動車保険に加入する自動車保険の加入は任意ですが、保険に加入していない場合、被害者の被害相応の治療費に加えて賠償金を払わなくてはなりません。事故の被害状況によっては莫大な金額が必要な場合があり、損害賠償を払えなくなってしまいます。

確かに、自動車運転をする人は強制加入の自動車損害賠償責任保険がありますが、賠償できる金額が限られていて少ないため、確実に払える保証はありません。賠償金額が払えなくなれば、最悪の場合、裁判で訴えられる可能性もあります。

#こまめに保険会社に連絡する、連絡が来たら早めに応答する連絡が来たら早めに出ることはもちろん、わからないことや不安に思う点があれば、すぐに相談することをお勧めします。どのくらい和解の手続きが進んでいるのか、賠償額に変動はあるのか、相談することで精神的に落ち着いてきます。

万が一に備えることの重要性

事故は起きてほしくないものですが、万が一遭遇した時に一番大事なのは、冷静な対処です。相手とスムーズに和解するため、また、自分の身を守るためにもこれらの項目を少しでも覚えていると、解決方法に手間取らなくて済みます。

事故を起こして、対処法がわからずパニックにならないよう、考える機会を設けるのも大事です。自分が過失を犯さないように、日々注意を怠らないことが肝要です。